スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法定利率/法定利息とは・・・

2006
09-09

法定利率/法定利息とは、契約において利率を定めなかったときに、

市場の金利の変化に合わせて利率が変わっていく金利のことです。

民法と商法に規定があり、①契約当事者の一方または双方が商人の場合は商法で年6%、

②当事者双方が非商人である場合は民法で年5%とされています。

一般に利息制限法・出資法・貸金業法などの法律で定めた上限金利の、ことは含まれていません。

これらは「法定上限金利」と表現されることが多いです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。