スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの与信限度額とは

2009
06-03
クレジットカードは通常、利用者の属性によって利用限度額というのが定められており、一般カードでは5万~50万円、利用実績が重なってくると50万~100万円位となり、一般カードの上のカードのゴールドカードでは50万~300万円位と信用度により限度額に差があります。

外国のカード会社においては限度額が月給のx倍相当額と設定しているカード会社もあるそうです。

利用限度額(与信額)と未払いの債務額(現在借りてまだ支払っていない金額)の差が、クレジットカードで利用できる金額となります。
例えば与信額20万円、現在使用していて、まだ返済していない金額が10万円、なので差は10万円と言う事でこれから利用できる金額は10万円と言う事になります。

クレジットカードの種類によって違いますが、小額なら利用限度額(与信額)を超えての利用が出来る場合もあるようです。

また、カードを作る当初から利用限度額を設定していないカードもありますが、カード会社側では当然規定の限度額(与信枠)を設定しており、高額の利用をしようとした場合は利用者に承認を求めて、審査をしてから利用可能となるかどうかの判断を行うようなシステムになっています。

クレジットカードの与信限度額とは、クレジットカードが利用できる可能な金額の枠の上限の事をいいますが、この与信限度額をきちんと自分で把握しておいて、使いすぎには十分注意してカードを利用するようにしましょう。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。